オンラインカウンター
ローソファ.com

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ローソファと大画面テレビ

ローソファにゆったりとくつろぎながら大画面テレビを楽しむことが多いんではないでしょうか。そんなとき、ローソファとテレビ台の関係も注意したいところです。というのは、そのときの眼の高さとテレビの高さの関係が眼を守るためには大切なことだからです。



ドライアイというのをご存知でしょうか、長時間眼を酷使するとドライアイとなって角膜などをいためることがあるんです。そんなドライアイの予防にはなるべく下向きにテレビを見るのがいいとされています。



それには画面の中心の高さが基準になるわけです。ですから、高さは、画面のサイズによって異なってきます。基本は画面の中心の高さが眼の高さから30cm~50cmぐらい下がった位置がいいとされています。



例えば、ローソファに座ったときの眼の高さが100cmとすると、50V型のプラズマテレビの画面中心までの高さが約40cmなので、テレビ台としては、高さが10cm~30cmが適当ということになります。眼を守るためにはローソファに腰掛けたときの眼の高さとテレビの中心の高さを気にしていただきたいところです。

スポンサードリンク

Tag : ローソファ 大画面テレビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。